授業内容の補足・推薦図書の追加・言語学よもやま話など


by jjhhori

社会言語学

社会言語学というのは,一見,とても面白そうに感じるのですが,実は,とても難しい分野です.一方では言語,他方では社会という,それぞれ混沌とした異質のものの間に相関関係を見出そうというわけですから,かなりの程度の困難を強いられるのは,当然といえば当然です.勿論,両者の間に相関関係があることは確実ですが,しかし,そのことを証明するために,言語がない社会を想定することが現実的には不可能ですので,決定的な証拠が得られないという弱点があるのも事実です.

そうはいっても,言語と社会の間に相関関係を想定することが全く不可能というわけではありません.とりわけ,ある話者が複数の言語を使い分けているような場合は,その使い分けの要因が社会にあることを実証するのは比較的容易です.いわゆるコード・スィッチングやピジン・クレオールの問題は,社会言語学が最も得意とする領域であるといえるでしょう(ピジン・クレオールの問題に関しては,テキストを参照してください).

それ以外にも,単一言語社会における話者間の様々な差異(地域差,年代差,階級差,職業による違いなど)も,その要因がはっきりとしている点において,やはり社会言語学的な処理が簡単にできるといえるでしょう.とりわけ,単なる語彙の使用における差異だけでなく,音声面や文法面において差異が現われる場合は,社会言語学的に興味ある問題を提供します.しかし,要因がはっきりしないそれ以外の場合となってくると,社会言語学は,まだ十分な理論的あるいは方法論的基盤をもっておらず,それゆえに,説得力のある根拠を見出すことが難しくなってきます.研究対象をラングだけでなく,パロールも含めようとするのが社会言語学の目的であるとするならば,パロールをどのように捉えるかがいまだ十分な理論的基盤をもっていないところに,社会言語学が蔵する自己矛盾があるといってもいいでしょう.その点において,社会言語学が方法論を開発することに懐疑的であるという著者の考えはもっともであると私は思います.

そうした行き詰まりからか,昨今では,「**語には,これこれの単語がある.ゆえに,この社会は**社会だ」といったような研究が横行していますが,これは,その話者の言語に対する無意識性と,言語が歴史的所産であることを全く無視した暴論であるといわざるを得ません.それは学問の領域ではない話であり,いくら真剣に検討したところで,科学としての言語学がそれに対して有効な措置を講じることはあり得ません.こういうことを真剣になって議論しようとする一部の「社会言語学者」は,具体的な言語の観察と記述を疎かにしているように私には思えます.たとえ社会言語学をやるにしても,基本は,具体的な言語の観察と記述であり,そのような基盤がないまま,社会言語学をやっても所詮素人の域を脱し得ません.早い話がフィールドワークを基礎としていない社会言語学というのはあり得ず,社会学がフィールドワークに基づいてデータを蒐集していることを考えれば,それを補助科学とする社会言語学がフィールドワークを必要とするのは当然のことです.昨今の社会言語学には,データの性質や扱いに関して,疑問を感じさせるものがとても多く,データの蒐集の仕方が杜撰な点は否めません.これは,データを重んずる社会言語学にとっては致命的なことです.

社会言語学に関して,信頼がおけ,かつ,方法論的基盤がしっかりした本となると,皆無に近いのですが,そういう状況の中にあって,以下の本は,豊富な用例とともに具体的な分析方法が示されると同時に,社会言語学の限界にも触れている点で,おすすめできると思います(しかし,一部,首を傾げたくなるような章もあり).

ロメイン,スザーン/土田滋・高橋留美(訳)『社会のなかの言語:現代社会言語学入門』(三省堂,1997年)
[PR]
by jjhhori | 2004-05-21 23:20 | テキスト