授業内容の補足・推薦図書の追加・言語学よもやま話など


by jjhhori

裏話4:著者(3)「ビール好き」

昨日に引き続き,著者ネタ第3弾.

『ビールと古本のプラハ』(白水社)というエッセイ集をお出しになるほど,著者のビール好きは有名でした.朝日カルチャーセンターでチェコ語を教えていらした頃は,授業の後,その受講生とほぼ毎週ビールを飲んでいたそうです.その本には,その店が開店していつ頃のビールが一番おいしいかも十分説得力のある理由とともに詳しく説かれていますので,ビールが好きな人はぜひ一読をすすめたいと思います.

私はお酒が一切飲めませんが,酒宴にお供したことは何度かあります.ある時,ビアホールで飲み物を注文するのに,お酒が飲めない私はどうしたものかと悩んでいたら,すかさず「ホリくんは,中国語をやっているから,そんな口に卑しい酒なんて飲まないよ」と助け舟を出してくださったことがありました(註:中国語で「ビール」は口偏に「卑」に「酒」と書きます).お酒がお好きといっても,単に飲んで騒ぐのではなく,その場の雰囲気を楽しむのが目的で,そのために,場を和ませるのがとてもお上手だったように思います.

また別の時ですが,店員の手元がくるって,ピッチャーに入っていたビールをこぼしてしまい,それがその近くにいたT先生の袖にかかったことがありました.店員はお詫びの印ということで,こぼしたのとは別にピッチャーをもう1つ持ってきてくれたのですが,その時の先生の一言:「ビールがなくなったら,Tくんのもう片方の袖にかけてもらって,もう1杯ただでもらおうよ」.

私が知る限り,先生は決して酔っ払われることがなく,お酒が相当お強かったと思いますが,それでも,プラハに留学される前は全くの下戸で,学生時代は全然お酒が飲めなかったそうです.先生が飲めない人に対して無理強いをなさらなかったのはそういうところに理由があったのでしょう.

東京の神田に「ランチョン」というお店があり,私は神田の古本屋を回った後,そこでランチを食べるのを楽しみの1つにしていますが,そのお店は,ビールがおいしいことで有名で,先生もよくそのお店に出入りなさっていたということを,お亡くなりになってから知りました.そのことを知ってからは,「折角ランチョンに来て,ビールを飲まないなんて,バカだねぇ」とあの世からいわれそうで,最近はあまり行っていません(苦笑).
[PR]
by jjhhori | 2004-06-04 17:18 | 裏話