授業内容の補足・推薦図書の追加・言語学よもやま話など


by jjhhori

言語類型論

言語類型論は,言語を記述する際の有力な武器となり得る点でとても魅力がありますが,これまたいろいろな難問が山積している分野の1つです.その理由は,いくつかあげられるでしょうが,まず,そのタイプに合致する自然言語が存在しないという問題があります.実際の自然言語は,複数のタイプにまたがった性質をもっているので,ある言語にあるタイプのラベルをつけたとしても,実際には,その程度が強いというだけのことで,多かれ少なかれ他のタイプの特徴も備えているのが普通です.こうなれば,どのタイプに属するかは程度の問題になってくるので,タイプというものの科学的な定義が一層困難になってしまいます.

例えば,孤立語の例としてよくあげられる中国語の場合を考えてみましょう.一般的に,孤立語とは,語が構造をもたないこと,それぞれの語が文の中で他との関係を一切示さずに孤立して存在することが特徴としてあげられています.しかし,前者は形態論に,一方の後者は統語論に関わる問題で,これらはおそらく分けて考えるべき問題でしょう.また,「語が構造をもたない」といっても,実際の中国語は,構造をもつ語(つまり合成語や派生語)が多く存在し,その際の手法は,膠着的なものです(例:「出版」<出版する>は,「出」と「版」という2つの要素[形態素]が膠着的に結びついたものです.cf. 「出了三版」<3版を出した>).つまり,孤立語といっても,実際の語形成の手法は,膠着的であるといえます.また,もし仮に語が構造をもたない言語があったとしたら,言語外現実に対応するひとつひとつの事象や事物に語をあてていかなくてはならず,結果的に語の数が厖大になってしまいます.実際の言語における語は,いくつかある要素(形態素)を組み合わせてできているわけで(例:「ビデオテープ」は「ビデオ」と「テープ」からなり,前者は「ビデオカメラ」,後者は「カセットテープ」という別の事物に対応する語を作る要素となり得る),そのような経済性があってこそ,言語外現実に対応して命名していくことができるといえます.

もう1つの根本的な問題は,タイプを設定する基準が一様ではないことがあげられます.その結果として,研究者によって設定するタイプの数が違ってきたり,その命名が区々になってしまうわけです.尚,研究者によっては,「孤立」「膠着」「屈折」に加えて,「抱合」というタイプを立てる人がいますが,「抱合」はいわゆる合成の一種であって,「孤立」「膠着」「屈折」などと同列に扱うものではありません.初心者向けのテキストで,「抱合語」なるものを立てる本が多くありますが,これは,全くの誤解に基づくものです.

言語類型論は,当然のことながら,多くの言語の知識を要求します.知っている言語の数が多くなればなるほど,その枠も広くなります.従って,言語類型論を考察するにあたって,最も参考になる本といえば,

亀井孝・河野六郎・千野栄一(編著)『言語学大辞典 第1~5巻 世界言語編 上・中・下1・下2・補遺』(三省堂,1988~93年)

をあげるしかないでしょう.ただこれだけをあげて終わりとすると,「ぎゃふん」と思う人もいるでしょうから,

Sapir, Edward. 1933. Language. In: David G. Mandelbaum (ed.), Selected writings of Edward Sapir in language, culture, and personality (University of California Press, 1949 [1985])

をあげておきましょう(これでも「ぎゃふん」でしょうか.笑).このサピア論文(もとは,『社会科学百科事典』の1項目)は,特に形態論的類型論に関して,語の形態的手法と語の統合度という2つの分類基準を立てているところが明解です(が,かなり難しい文章です).しかし,それでも中国語に関する扱いに問題を残しているように私には思えます.中国語という言語を類型論的にしっかり捉えることが孤立語とは何かという問いを明らかにする方途の1つであり,中国語は言語研究に実に多くの興味ある問題を提供する言語だと思います.

尚,テキストに出てきた能格構造については,千野栄一『注文の多い言語学』(大修館書店,1986年) に「特別料理エルガティーフ」というのがありますので,それを参照するといいでしょう.
[PR]
by jjhhori | 2004-07-02 14:05 | テキスト