授業内容の補足・推薦図書の追加・言語学よもやま話など


by jjhhori

<   2005年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

5月24日の授業で紹介があったクラウス論文の要約です.

言語の危機(language endangerment)は,生物学的種の危機に匹敵するものであるが,その観点から言語を分類すると,

1) 「瀕死の状態にあるmoribund」言語:子供たちがすでに学ばなくなっている言語.
2) 「危機に瀕したendangered」言語:21世紀の間に子供たちが学ばなくなる可能性のある言語.
3) 「安泰なsafe」言語:1) にも 2) にも属さない言語.

の3つの範疇に分けることができる.地域別にみてみると,南北アメリカでは900言語のうち3分の1の言語,また,オーストラリアでは,250言語の90%が瀕死の状態にある.

様々な要因が絡むために,それぞれの範疇に属する言語の数を確定するのは難しいが,仮に世界の言語の数を6千とした場合,国家語あるいは公用語などの地位にあり,話者数が多い 3) に属する言語は,その10%(つまり600言語)であり,それを除けば,残りの90%の言語が21世紀の間に消滅あるいはその運命に遭うとみられる.これは,例えば,8600種のうち231種が危機に瀕した,あるいは,その危機が迫っている(threatened)とする生物学における統計よりもはるかに深刻な数字である.絶滅に瀕する生物種の保護に対しては,様々な組織や団体があり,様々な活動が行なわれているが,言語に対する一般の関心は低いのが現状である.

こうした状況に対して,言語学は何をすべきか?まず何をおいてもそれらの言語を記述する,つまり,文法書,辞書,テキストの整備をしなくてはならない.特に当該の言語が系統的に孤立している,あるいは類型的に特異であれば,その記述は一層急を要する.こうした言語の記述は,科学にとって価値があるばかりでなく,その民族にとっても宝となる.更に,その言語の記述があれば,例えば学校や儀式などにおいて,言語が慣習として制度化されるための重要な役割を確立することも可能であり,場合によっては,その最後の話者が亡くなった後でもその言語を復活させることができるかもしれない.

更に,教育の面,文化の面,そして政治の面でその言語が生き残るチャンスを増やすためにも,教材の開発なども必要である.それには,コミュニティー,政府機関などとも協力しなくてはならない.

大学や言語学の専門集団は,研究と教育の優先をどこにおくかについて相当な影響をもつが,危機言語の問題に関連して,言語学の役割は何かを最後に問うてみたい.現代の言語学において危機言語はどの程度優先されるのか,世界のどの言語が最も注視されるのか,大学院生には,学位論文のためにこういった言語の記述をするよう促すのか,1言語の辞書をつくるのにどれぐらいの労力が必要なのか,危機言語を援助するために応用言語学的な研究を促すか,それらの言語の話者に対して必要で適切な訓練をするか.自分たちが研究教育において何を優先させるべきか,今こそ真剣に再検討しなくてはならない.

Krauss, Michael E. 1992. The world's languages in crisis. Language 68 (1): 4-10.
[PR]
by jjhhori | 2005-05-30 18:44 | テキスト

危機言語関係のサイト

テキストを読み進めるにあたり,特に発表者にとって有益と思われる情報を載せた日本語のサイトをいくつか紹介します.ここに紹介するサイトのリンクなども参照して,レジュメ作成の際に大いに役立ててほしいと思います.但し,それぞれのページの更新頻度は区々であり,情報が古いものも含まれていることを予め断っておきます.

1つ目は,日本言語学会の中に設置された「危機言語小委員会」のホームページ.「危機言語とは何か」という基本的な問題から危機言語に関するシンポジウムや日本語の文献などを紹介しており,また,海外の危機言語関係の団体や諸機関へのリンクも充実していて有益です.

2つ目は,東京大学言語動態学研究室の「危機言語ホームページ」.アイヌ語を始めとする危機に瀕する言語の文献リストがあり,それらの言語の文法書・辞書・テキストに関する情報が得られます.

3つ目は,1999年度から2003年度にかけて行なわれた文部科学省科学研究費補助金によるプロジェクト「環太平洋の『消滅に瀕した言語』にかんする緊急調査研究」のホームページ.これは,主に環太平洋地域で危機言語に取り組む日本人の言語研究者を総動員し,日本語の方言,アイヌ語も含め,東南アジア,北東アジア,南北アメリカなどを範囲として行なわれたプロジェクトの活動報告です.このプロジェクトの成果の一つとして出版された宮岡伯人・崎山理(編)『消滅の危機に瀕した世界の言語:ことばと文化の多様性を守るために』(明石書店)には,研究の進行状況や課題,各地の危機言語に関する最新の情報が盛り込まれていますので,発表に際し,是非とも参考にしてほしいと思います(言語学共同研究室にありますので,必要な場合には,私まで申し出てください).

これら以外にも英語によるサイトは,数多くありますが,それらは,上3つのサイトにあるリンクから行けるようになっていますので,そちらを参照してください.

テキストを単にまとめるだけでは発表にはなりません.自分が担当する範囲で何が問題となっているのかを見極めて,それを深く追求するという姿勢で発表に臨んでほしいと思います.目の付け所が悪かったら,それはそれで困りものですが(苦笑).

この「裏番組」もなるべく更新の頻度を上げていきたいと思っています(が,どうなることやら・・・).
[PR]
by jjhhori | 2005-05-18 12:08 | テキスト