授業内容の補足・推薦図書の追加・言語学よもやま話など


by jjhhori
どうも久々の更新です.後期が始まる前に一発更新してやろうと思っていたのですが,前期が終わった後,いろいろありまして(笑),今日まで延び延びになってしまいました.

さて,今回もまたしつこく辞書,特に電子辞書について述べたいと思います.電子辞書に関しては,6月29日の「裏番組」でも取り上げましたが,その後,7月24日の『読売新聞』の朝刊に,電子辞書が売り上げを伸ばす一方,紙の辞書はその存続が危ぶまれるほどに落ち込んできているという記事が出ました.この「裏番組」で私が心配していたことが現実に起きているというわけです.

その記事によると,電子辞書市場は,2006年度見込みで655億円(340万台)の売り上げ(カシオ調べ)があるのに対し,紙の辞書は約10年前の1200万冊から現在は800万冊以下にまで落ち込み,売り上げも200億円以下(つまり,電子辞書の売り上げの三分の一以下)にまで下落しているそうです(但し,ここでいう「紙の辞書」がどの範囲のものまでを含むのかは,不明です).紙の辞書の売り上げが落ちると,「従来通りの辞書作りができるかどうか未知数」(大修館書店)だそうで,電子辞書に搭載されない多くの辞書は,そもそも改訂や存続が一層難しくなるとも記事にはありました.

また,電子辞書に搭載されている辞書も特定のものに集中し,国語辞典では『広辞苑』(岩波書店),英和辞典では『ジーニアス英和辞典』(大修館書店)を搭載している電子辞書が圧倒的に多いとのこと.国語辞典にせよ,英和辞典にせよ,多くの種類の辞書が出版されているにも拘わらず,電子辞書ではその幅広さが損なわれ,一部の特定の辞書しか選べない状況にあるわけです.電子辞書の普及が紙の辞書の衰退を招き,その多様性を奪いかねないという危惧を私は前々から持っていましたが,それが今,実際に進行しており,もしかすると,もはや取り返しのつかないところまで来ているのかもしれません.

「まぁ,辞書なんて,どれも同じだから,どれか残ればいいでしょう」と思う人もいるでしょう.そのように考える人の多くは,高校に入学した時に買った(か,強制的に買わされた,あるいは,買ってもらった)辞書を一生使い続ける「生涯一辞書」タイプであり,外国語の上達はおろか,ことばに対する感覚を養うことも望めません.私にしてみれば,同じ辞書を何十年も使うのは,同じCDをただひたすら何十年も毎日聞き続けるのと同じぐらい,あり得ないことです.そもそも,辞書はそれぞれ編者が異なっているわけですから,当然,編者の語感,経歴,年齢,更には人生観によって,辞書の記述も大きく異なってきます(例えば,有名なところでは,三省堂の『新明解国語辞典』の「恋愛」の項を版ごとに比べられたし).また,同じ辞書であっても,改訂版ともなれば,その前の版に誤りがあればそれを正し,より使いやすくするような工夫がなされているわけですから,それだけでも買う価値は十分にあります.しかし,残念ながら,電子辞書には,紙の辞書における買い替えやすさはまずありません.例えば,『広辞苑』の新しい版が出たからといって,それを搭載した新しい電子辞書に買い替える人など,まずいないでしょう.いうなれば,電子辞書の普及は,「生涯一辞書」タイプの人を増やし,結果的に,辞書出版の伝統を崩壊させることにつながるのではないかと思います.

ところで,三省堂の『大辞林』の第3版が10月27日に出版されますが,紙の辞書を購入すると,Web上で同じ辞書の検索サービスを受けることができるという仕組み(三省堂では,これを「デュアル・ディクショナリー」と言っています)になっているようです.例えば,自宅で紙の辞書を用い,出先でWeb版の辞書を使うというように,用途に応じて紙の辞書と電子媒体を使い分けることができるという点で,辞書の利用度を一層上げることにつながる試みと言えるでしょう.

まぁ,こういった新しい試みがあるうちは,紙の辞書も注目されることと思いますし,辞書出版に携わっている人も何らかの手段を講じて,紙の辞書を存続させる努力をするとは思いますが,しかし,結局,紙の辞書を支えるのは,私たち使用者です.「生涯一辞書」タイプではなく,いろいろな辞書を見比べ,使い分ける,そして,新しい版が出たら買い替える,こういった「辞書オタク」が増えてこそ,紙の辞書が存続するのではないでしょうか.皆さんには,「趣味は辞書です」と言えるぐらいに「辞書オタク」になってもらいたいものです.そのためには,電子辞書の便利なところばかりに目を向けるのではなく,紙の辞書のよさを実感するために,日頃から紙の辞書をせっせと引く習慣をつける,また,自分が持っている辞書の編者,出版年,出版社を確認し,その「序文」を読んで,編者の辞書に対する思いをしっかり酌んでほしいと思います.まずは,辞書に対する愛着と関心を持つことが大事であり,そうすることによって,ことばに対する鋭敏な感覚を養うことができると考えます.

[参考]「潮流:電子辞書時代『紙』の憂鬱」(『読売新聞』2006年7月24日朝刊)
[PR]
# by jjhhori | 2006-09-26 14:00 | ことば

私にできる言語学

更新しようと思いながら,いろいろと他の事にかまけていたら,前期最後の授業が終わってから,はや1週間以上が経ってしまいました.

さて,今回は,尊大なタイトルですが,「言語学の数ある研究領域の中で,私にはこれしかできません」という意味で捉えてください.正確には,「私にももしかしたらできる言語学」でしょうか.

今年度前期の最後に読んだテキストは,「私の考える言語学」でした.著者は,チェコの言語学者スカリチカによる言語学の諸分野の3分類,つまり,
 1) 言語とその内部との関係
 2) 言語と他の言語との関係
 3) 言語と言語外現実との関係
の3つの研究領域をあげ,「自然言語を素材とし,言語とその内部との関係を探る」のが「私の考える言語学」であると述べています.

1) と2) の領域は,言語学だけで完結し,また,ある程度の方法論が確立されていますが,3) の領域は,言語学に加えて,様々な補助科学を必要とし,その方法論もあまり固まっていません.その意味において,3) の領域は難しく,1) と 2) は,相対的にまだ取り組みやすいといえます.

しかし,言語学を少しでも勉強した人なら,「いやいや,そんなことはないでしょう.1) の領域といったら,音素とか形態素とか難しい術語が次から次へと出てきてうんざり.でも3) の領域は,ことばと社会とかことばと心理とか,何だかとても面白くて,とっつきやすそうです」と反論することと思います.確かにその通りであり,3) の領域に属する,社会言語学や心理言語学は,自分の経験に照らし合わせて問題を捉えることができるので,一見したところ,面白そうに思える分野です.

しかし,上に述べたように,社会言語学にせよ,心理言語学にせよ,言語学だけで完結するものではなく,それぞれ社会学や心理学などの補助科学をしっかり修めていなければなりませんし,そもそも,方法論が十分に固まっていないために,とっかかりの面白いところから更に一層深く追究しようとすると,途端に行き詰まってしまうことが多いようです.問題は,その行き詰まった時にどうするかという点なのですが,社会言語学の場合,私がみる限り,その助けを社会学に求めるために,言語学からますます遠ざかり,挙句の果てには,言語学ともいえなければ,社会学ともいえない,鵺(ぬえ)みたいな研究が横行しているように思います.それは,上の3分類のうち,1) の領域を疎かにし,社会学に逃げ込んでいるからです.社会言語学であっても,重要なのは,言語とその内部との関係をまずしっかりおさえることであり,そのそれぞれのレベルが言語外現実とどのような関係にあるのかを探らなくてはなりません.1) の領域なくして,2) や3) の研究などできるわけがありません.

勿論,1) の領域とて,方法論が確立しているといっても,それは,3) の領域に比べれば相対的にそうなのであって,実際に1) の領域を細かくみていくと,いろいろな問題があります.言語学においては,一般的に,音素,形態素,語,文などと単位のサイズが大きくなるにつれ,その扱いが難しくなります.これは,それぞれの単位に盛り込まれる情報(意味)が増え,その組み合わせが一層複雑になるからであり,こうなると,どの言語にも妥当する一般的な方法論を確立することが難しくなります.しかし,そうはいっても,他の補助科学の助けを借りることなく,やはり言語学的なアプローチができるわけですから,3) の領域に比べれば,まだまだやりやすいといえるでしょう.

そこで,「私にできる言語学」とは何かという問題に立ち戻ってみると,結局,テキストの著者がいうところの「私の考える言語学」こそが「私にできる言語学」ではないかと思います.勿論,フィールドワークをやっていれば,現実的には,1) の領域ばかりでなく,3) の領域にも踏み込んでいかざるを得ないことがあります.しかし,1) をすっ飛ばして,いきなり3) から入るというわけではなく,土台にあるのは,やはり1) の領域です.1) の領域をしっかりとおさえた上で,関心を徐々に拡げていくのが最も健全なやり方ではないかと思います.

「20世紀の知の巨人」といわれた言語学者ロマーン・ヤーコブソン(1896~1982年)は,「われは言語学者なり,こと言語に関するものにしてわれに無縁のものなしとす」といい,実際に,言語学の領域にとどまらず,文芸評論や失語症,詩学にも大きな足跡をのこしていますが,それは,まさに巨人だからできることであって,凡人の私は,「これしかできない」といいつつも,ここで述べたことの半分もできていないのが現状です(涙).せめて残りの人生,「これだけはやった」といえるものを残したいものです(しみじみ).

さて,今年度もめでたく前期が終わりました.例年ですと,後期の間,ここは完全に放ったらかしになっているのですが,今年は,後期もちょくちょくと更新していきたいと思っています.但し,8月8日から9月7日までは,海外に出る予定でいますが,その間は,通信環境があまりよくありませんので,この「裏番組」の更新ができない点,予めお断りしておきます.
[PR]
# by jjhhori | 2006-07-19 18:09 | テキスト

ことばと記憶

まぁ,大層なタイトルですが,実際は大したことはありませんので,期待して読んではいけません.

確か今年の4月ぐらいだったと思いますが,「A*Cマート」という靴屋の新聞の折込ちらしをみていたら,当時2歳6ヶ月の娘がそのちらしをみて,「ママ,靴,買ったよねー.ペコちゃんの頭,なでなでしたよねー」と突然言い出しました.

その3ヶ月ぐらい前,娘の靴を買いに「A*Cマート」に行った時,妻が娘の靴を選んでいる間,私と娘は,その店の隣にある「不*家」の前でペコちゃんの頭をなでたり,叩いたり(乱暴です.笑)して,妻が出てくるのを待っていたことがありました.「A*Cマート」のちらしをみた娘は,その時のことを思い出して言ったわけです.

そのちらしをみて「A*Cマート」だということを娘が認識したのにまず驚きましたが,それ以上に,そのちらしを見るまでの約3ヶ月間,娘からその時の出来事を一度も話すこともなければ,私たちも話題にすらしたことがなかったにも拘わらず,娘が突如としてその時の話をしたことに驚きました.つまり,その時の光景は,彼女の頭の中でしっかりと記憶にとどめられながら,そのちらしをみるまで言語化されることがなかったということです.言語化されることがなかったのは,おそらく彼女の言語能力がそれを表わし得るほどに十分発達していなかったからでしょう.

このことは,「言語なしに思考や記憶ができるのか」という大きな問題につながってくると言えるでしょう.普通,私たちは,ある出来事を思い浮かべる際,もちろん,その映像が頭に浮かびますが,例えば,「あそこにペコちゃんがあったなぁ」というように,ある程度言語化されている,言い換えれば,言語の助けを借りて記憶しているところもあるのではないでしょうか.しかし,言語能力が十分発達していない娘をみる限りにおいては,ある出来事は,言語を介在することなく,映像としてそのまま記憶されていたのでしょう.そして,言語能力が発達するにつれ,その映像として記憶された出来事を言語化し得るようになったのではないかと思います.

「記憶」という行為に言語がどれだけ関与しているのか,あるいは,言語があることによってどれだけ「記憶」が容易になっているのか,それを考えるには,言語を介さない記憶を想像することすら困難になっているほど,私たちは,言語に縛られているといえます.

尚,ことばが十分発達していないからといって,子供の記憶をあなどってはいけません.実際,「どうせ覚えていないだろう」などと高を括ってごまかそうとしたら,まさに「天網恢恢,疎にしてもらさず」,見事,見破られて大変な思いをしたことが何度もあります.まぁ,これも子育ての面白さのひとつなのでしょうが,目下,「魔の2歳」(英語でいうところの"terrible two")真っ只中の娘を相手にしている私には,そうして笑ってすませられるほど,心のゆとりはありません(苦笑).
[PR]
# by jjhhori | 2006-07-09 12:28 | ことば

再び辞書について

前回,危機言語という視点から辞書について書きましたが,それを書いた後,みなさんは,辞書といえば,どのようなものを浮かべるのだろうということをふと思いました.いやいや,辞書がどういうものかはみなさんもご存じのはずですが,私がいいたいのは,例えば,「辞書を引きなさい」といわれた時に手にとるのは,本の辞書と電子辞書のどちらかということです.

私が学生の頃(註:「学生」といっても,私は10年間学生をやりましたので,その時間の幅は広いのですが.笑),当然のことながら,電子辞書などというものはなく,あるのは,紙の辞書だけでした.しかも,外国語の授業が毎日のようにあり,複数の辞書を持ち歩く必要がありましたので,どの学生も大きなかばんに何冊も辞書を詰め込んでいたものです.今は,こういう学生をみることはなくなりましたが,その原因の一つとして,電子辞書の普及があげられると思います.

電子辞書がいつ頃から一般的に使われるようになったのか,詳しいことは知りませんが,静大の学生に限って言うならば,電子辞書を逸早く使い出したのは,私の記憶では,留学生だったと思います.その当時の留学生が使っていた電子辞書は,おそらく今ほど多機能なものではなく,せいぜい一種類の辞書しか入っていないもので,収録される辞書が増えるに連れて,日本人学生でも使用する人が増えてきたのでしょう.実際,日本人学生の間に電子辞書が普及し出したのは,留学生よりも遅かったと記憶しています.

電子辞書というのは,ページをあっちこっちめくったりする必要もなく,たちどころに調べたい語が見つかりますので,時間を大幅に節約できる点で確かに便利です.実際,私も電車の中で本を読んでいる時に,どうしても調べたい語がある場合は,電子辞書を取り出して調べていますが,こういうことは,紙の辞書ならまず無理でしょう(いや,無理ではないけど,ちょっと面倒くさい).また,海外に行く時は,以前は無理をしてでも紙の辞書を持ち歩いていましたが,今なら,電子辞書がありますから,スーツケースの余った空間に別のものが詰め込めるという利点もあります.このように,時間や場所の節約になりますので,電子辞書というのは,まさに画期的な発明品です.また,電子辞書の普及により,ちょっとしたことでも,すぐ辞書で確かめるという習慣が学生の間にできあがったのも,電子辞書のおかげといっていいかもしれません.おそらく,私が赴任した頃に比べて,静大の学生が辞書で調べる頻度は上がっていると思います.

しかし,やはり,紙の辞書をずっと使ってきた,私のような古い人間には,この電子辞書なる代物,どうも今ひとつ馴染めません.何となく調べたという気がせず,その調べた語の意味がなかなか頭に入らないんですね(年のせいかもしれませんが.苦笑).それは,おそらく,小さい画面であの独特の字体をみることが苦痛だからなのでしょう.つまり,「辞書を引く」といっても,実際は,辞書を読んでいるわけであり,その読むという行為にとって,あの独特の文字がびっちりとつまった小さい画面というのは,適しません.これは,辞書をどのようなものと捉えているかという問題と絡んでくると思うのですが,私の場合,辞書は語を調べるための道具であるだけでなく,読む対象としてあるからこそ,電子辞書に対して抵抗感があるのではないかと思います.目標とする語の意味を調べている間に,ちょっとその隣の語も読んでみるというのは,実に楽しい作業であり,それがことばのもつ深遠な世界に入り込むひとつのきっかけとなると思うのですが,電子辞書では,そうしたきっかけは得られません.私の場合,じっくりと読書をする,あるいは,ものを書く際に使うのは,電子辞書ではなく,依然として紙の辞書の方です.

私が電子辞書に対する抵抗感を抱くもう一つの理由は,使っている辞書の新しい版が出た時などに即応できないという点です.勿論,紙の辞書でも,新しい版が出たら,買い換えなくてはならないわけですが,電子辞書の場合,収録されている複数の辞書のうち,どれかに新しい版が出た場合,その本体をそっくりまた買い換えなくてはなりません.まぁ,「辞書なんて,新しかろうが古かろうが,関係ない.私は,一生この辞書を使います」などという人には,何十年来の辞書をそのまま使えばいいわけですから,電子辞書が壊れるまで使い続ければいいでしょう.でも,やはり,ことばを生業とする者としては,自分の使っている辞書の新版が出たとあれば,どの部分が新しくなり,どこが書き加えられたのか,この目で確かめてみたいと思うものです.そういったことがすぐにできないという点で,電子辞書はやはり不便なものです.電子辞書が急速に普及しつつある今,紙の辞書がそれに反比例するように減少していくのではないかというのが目下のところ私の恐れるところです.

私が学生の頃,ある英語の先生は,「辞書を引くのが億劫になりだしたら,じいさん,ばあさんの始まりだ!」とよくおっしゃって,私たちの怠惰な態度をよく戒めていましたが,電子辞書を引くことすら面倒に感じるようになったら,それこそお終いということになるんでしょうね.普段,電子辞書を使っている人も,辞書のもつ(便利さではなく)面白さを十分に味わうために,偶には紙の辞書を引くことを強く奨めます.

追:しかし,そうはいっても,この前に書いた例のハイダ語辞書は,是非とも電子辞書で出してほしいものです(笑).
[PR]
# by jjhhori | 2006-06-29 17:46 | ことば

危機言語と辞書

今回のテキストは,主に辞書作りの話でしたので,それに関連して,いわゆる「危機言語」の観点から辞書の問題について述べてみたいと思います.

辞書というのは,一般的に,その使う人の用途に応じて,様々なものがあります.例えば,学習者用の辞典であれば,段階に応じて,初級者向け,上級者向けというのがあり,初級者向けであれば,収録語数を絞って,個々の語の意味や用法を詳しく書くことが要求され,逆に,上級者向けであれば,語の意味や用法は必要最低限の記述に留め,収録語数をできるだけ増やすなどといった工夫が必要です.しかし,学習用の辞典で,複数のものが出版され,選択の幅が広いというのは,話者が多く(つまり,それだけ需要が高い),研究者の数も多い言語において可能であり,話者が少ない上に研究者の数が少ない言語においては,そういうことは望むべくもなく,語釈も不完全,語彙数も少ないという,辞書として役に立つのかどうか分からないようなもので満足せざるを得ません.

私が研究しているハイダ語でも,1970年代に作られた,2000語程度の簡単な辞書しかありませんでした.辞書といっても,ハイダ語の見出しに,それに相当する英語の意味が書かれ,動詞や名詞のそれぞれの異形態が簡単に記されているといった程度のものです.その後もその辞書を改修訂し,新たな版を出すということはなく,管見では,ほとんど利用されることもありませんでした.

ところが,そうした中,その欠を補うかの如く,2千ページ以上に及ぶハイダ語辞典(全2巻)が昨年出版されました.どれぐらいの分量かといえば,タウンページ2冊分ぐらいの厚さ.ハイダ語を30年以上にわたって研究してきた言語学者が個人で作り上げたというものです.語釈も詳しく,また,いろいろな用例が載せられ,よくも一人でこれだけのものを作ったと感心せざるを得ない辞書です.いわば,研究社の『英和大辞典』を一人で作ったといってもいいぐらいのものといえば,この辞書のすごさが分かるでしょう.

今まで満足のいく辞書がなかった言語に本格的な辞書ができたというのは,普通であれば,とても喜ばしい出来事です.特に,その言語の話者が少数の高齢者に限られているような場合は,尚更のことです.しかし,残念ながら,ハイダの人たちのこの辞書に対する評価は,極めて冷淡なものでした.実際,ある人は,パラッとめくっただけで,「ダメだ,こりゃ」といってすぐさま辞書を閉じてしまいましたし,ハイダ語の集中講座を取り仕切っている私の友人などは,「自分の知識をひけらかすために,こんなものを作りやがって」などと散々こき下ろしていたぐらいでした.それは,ハイダの人々とその言語学者との間の長年にわたる確執を思えば,十分納得できるものですが,本来,最も必要とする人たちにそっぽを向かれてしまったわけですから,長年かけてつくったこの辞書は,一体何の意味があったのかと思わざるを得ません.

彼らがこうした感想を抱くのは,そうした感情的な理由ばかりではなく,それがuser-friendlyに出来ていないところにも由来すると思います.例えば,見出しの配列をみてみると,ローマ字で表記(これについては後述)されたハイダ語の項目がabc順ではなく,その項目の語頭(厳密には形態素の最初)の音の調音点(発音する場所)で並べられている点がまず大きな障害となっています.つまり,一番最初の見出しが「a」で始まっているのではなく,調音点が前の方である「p」(両唇音)で始まっているわけです.要するに,音声学の知識がないと引けない配列になっているということです.しかも,ハイダ語は,スワヒリ語に劣らないほど,語構造が複雑ですので,スワヒリ語と同様,問題となる語を形態素に分析した上でないと,この辞書は使えません.実際,私も仕事柄(?)使うことがありますが,目的とする語がなかなか見つからず,本当にイライラさせられます. ハイダ語に関する言語学的な知識を持っている(んでしょうな.笑)私ですら,こうなのですから,ましてや,ハイダ語の話者であるじいさんやばあさんたちがこの辞書を使う苦労は,並大抵のものではありません.そもそも,じいさんやばあさんは,音声学の知識などありませんから,どうして最初に「p」で始まる語が置かれているのかその理由がさっぱり分かっていませんし,お年寄りは短気ですから,2千ページもある辞書を一頁ずつ繰って,目的とする語を探そうなどという気持ちは全くありません.「だめだ,こりゃ」というその言葉に,この辞書に対する彼らの感情のすべてが込められているといってもいいでしょう.

この辞書が彼らを遠ざけてしまった第二の理由は,そこで使われている正書法です.ハイダ語はもともと文字がありませんでしたが,上述の1970年代に作られた辞書で用いられた正書法をもとにいろいろな方言の正書法が作られ,その後,学校教育や成人対象のハイダ語集中講座などで使われてきました.しかし,昨年出たその辞書が用いている正書法は,その正書法とは文字の使い方が異なるもので,これがまた,彼らの感情を逆撫でしたわけです.例えば,有声(厳密には無声無気)口蓋垂閉鎖音を,それまでは「g」(下線付きのg)で表わしていたのですが,新しい辞書では「r」という文字を用い,また,これまで無声口蓋垂摩擦音に対して「x」(下線付きのx)を当てていたものを単に「x」で表わし,従来「x」で表わしていた無声軟口蓋摩擦音に「c」を当てるというようなことをやっています.この説明を読んだだけではすぐには理解できないと思いますが,こういう複雑な文字の使い方をしているために,多くの人の反発を買ってしまったのです.正書法に関しては,また別の機会に述べたいと思いますが,いずれにしても,正書法を考える際には,言語学的な正確さだけでなく,彼らが慣れ親しんでいる英語の正書法の慣用もある程度考慮に入れなければならないと思います.それ以外にも,2巻セットで4万円弱というのも,大きな問題です.

この事例は,結局,辞書というのは,どういう利用者を想定しているのか,そして,それに対してどのような工夫を施しているのかが使い手に伝わらなければ,いくら大きくて立派な辞書でも何の役にも立たないということを表わしています.そういった視点がない辞書というのは,それこそ言語学者の自己満足と批判されても仕方がなく,特に危機に瀕した言語の場合は,今必要とする辞書とはどういうものかということを話者や言語教育関係者と模索しつつ,作り上げていかなくてはならないと思います.ハイダ語において必要とされているのは,初級の学習者にとって使いやすく,学習の発展を助けるものですが,言うほどには簡単な作業ではなく,私もまだ暗中模索の段階です.尚,ハイダ語ではなく,韓国語(朝鮮語)の辞書ですが,菅野裕臣・他(編)『コスモス朝和辞典』(白水社,1991年[第2版])は,そういった工夫がされている辞書のひとつとしてお薦めしたいと思います.
[PR]
# by jjhhori | 2006-06-22 23:03 | テキスト